ed2b0d8478cf9c83c0db2fa24043a59a_s
日本の都会のカラスって、餌がすぐ手に入る(ゴミとか)→餌を取る時間が減る→人生に余暇が出来る→遊びだす
で知能が高くなったらしい。生物は余暇があると知能が高まるらしい。聞いてますか。聞いているのかと言っているんだ企業経営者!
@geppeichanwan1 @KzMenn FF外から失礼します。
その現象について私は非常に興味深いと思います。
詳しく知りたいため、よろしければ出典などを教えて頂けないでしょうか?
@kzmch_yktr @KzMenn 昔見たNHKの番組で得た知識なので出典などはハッキリできないのです申しわけないです。カラスを研究されている学者の方が仰っていたのでその筋を当たれば論文などがあるかもしれません。
@geppeichanwan1 軽く調べてみたらこれっぽいですね。
丁寧な対応ありがとうございます。

www2.nhk.or.jp/school/movie/c…
@geppeichanwan1 以前から、生命維持に関係のない遊びをする動物は知能が高いと言われていますよね
@geppeichanwan1 古代ギリシャでは仕事を全て奴隷に任せた結果暇になって哲学が生まれたとききました。
@geppeichanwan1 賢くなると困るから暇を与えないと思われます
@geppeichanwan1 Ff外から失礼します。

賢くなられて
余計な事を考えて賢くならないように長時間労働でガッツリ縛り付けてるのでは無いかと感じました。

知識をつけて歯向かわれ無いためなのかなと
@geppeichanwan1 経済学の観点からすると
労働時間を増す→生産性が低くなる
ということが知られておりますが、生産性が低くなる理由の一つとして知能が高くならないことも一考すべきかもしれませんね。
@geppeichanwan1 つまり自由な時間を減らせば企業に逆らう頭の無い奴隷が出来上がりって訳ですな
おー怖い怖い
@geppeichanwan1 そして生まれた哲学みたいなのがモチベーション何ちゃら社のポスターとか街頭絶叫管理者研修みたいな社会の闇なんでしょうか…
@geppeichanwan1 @foo_sakana_chun マイケル・ムーアの Where to Invade Next というドキュメンタリー映画によると、国際比較で学力最低だったフィンランドの生徒たちが、「宿題をなくして、授業期間も時間も減らして、自分の時間を持てるようにする」という国家方針にした途端にトップに躍り出たそうです。当然でしょうなぁ…
@geppeichanwan1 実家で親の金で飯を食ってるだけのニートが一番知能が高い説
    • 1: なるほどな名無しさん 2018年06月25日 09:46 ID:lMlbNchy0
      ブラック企業からしたら社畜に余計な知恵を付けさせたくないはず

なんかコメント書いていってくれると嬉しい(´・ω・`)
名前
コメント