megane_wareru_man
親戚のパパの引退したお医者さん曰くガン告知をしたら
医者「あなたは癌です。」
患者「ガーン」
というベタなネタをやった患者は15人くらいいたらしい。
んでそのベタなネタをやったやつはなんとなく余命がながかったような気がしたと言ってた。
お医者さん生活40年以上で15人だから少ないのか多いのかわからんな。
@gerogeroR うちの父もやりましたw
告知後15年、放射線治療を6年前に行いましたが、無事後期高齢者となり、「一向に死ぬ気配はありません(本人談)」
@gerogeroR 故・池田貴族氏がガンで入院時にお見舞いに訪れたみうらじゅんさんが「貴族よ、やはり人はガンだと分かった瞬間、ガーンとか思うものなのか?」と尋ねてたと同行していた大槻ケンヂさんがエッセイに書いてましたね。
@gerogeroR 始めまして、私は緊急手術になり麻酔して下腹部切開する前に「ついでにお腹の脂肪もとってください」と言ったのですが、術後「あんなことを言うのは漫才のネタか、漫画の世界だけだと思ってましたよ」と医者に笑われましたw
@gerogeroR 知り合いに全身大火傷おった人がいて、そのお陰で目が悪くなった。その人は「これが本当の目玉焼きだね」って医者に言って、医者が「本当にね」二人「ワハハハ」というのが実際に有りましたwバイク事故は正面からの方が怪我しないとか、色々特殊な人だから、参考にはならないだろうけど。
@gerogeroR どうもはじめまして。
ベタなネタ、うちの父も20年前にやったそうですよ。
今も元気にゴルフ三昧してます。
そして癌と言われてドンドン悲劇のヒロイン化して鬱っぽくなった母は1年も闘病せずに亡くなりました。気の持ちようっていうのは案外大事なんだと思っています。
@gerogeroR 笑いは免疫力を上げる説

ギャグが滑っても気にしない強靭な精神が生存に必要説

私は圧倒的に後者の説を支持する

後者の人は外向的だが寒いギャグで周囲が凍りつくのを楽しむドSでもある

それこそが免疫力を維持する要素かも?

共感羞恥でダメージを負う私は個人的に思う

その強さが羨ましい
@s_tatibana @gerogeroR 外からすいません。僕は手術受けるとき家族に頑張ってねって言われて「え、頑張るの俺じゃなくて医者じゃね?」って言ったら医者が「そんなプレッシャーになることをいうのはやめてください・・・」と言われ、術後、「こんな緊張したの久しぶりです」って言われたことがあります(笑)
@bosukita @s_tatibana @gerogeroR さらに外からすみません。私は娘出産する時ものすごい難産で三日間陣痛が続きとうとう錯乱して「じゃああとは頑張って下さい」と帰ろうとしました。「頑張るのはあなた!」とお医者様に言われました…
@malts_0414 @upjohn_freak @yokko_kyanlove @bosukita @s_tatibana @gerogeroR さらに外からすみません。交通事故で病院に運ばれた時、お医者さんに『軟骨を痛めてますね』と言われて『軟骨は炒めるより焼いた方が好きです』と応えたら『私もです』と返されました。
あ…これ…うちの親父はお医者さんからガンと聞かされて『オレ死ぬんか…そっか…すげー(*´∀`)』って言ったら、お医者さんから「何がなんでも生かしてやる!」って言われたそう…親父…マジでおバカさんだからなぁ(´д`|||) そのお医者さんのおかげで、今も毎日イタズラしまくって生きてるけどなw twitter.com/gerogeroR/stat…
なんかコメント書いていってくれると嬉しい(´・ω・`)
名前
コメント