a2755af7ad2877ddf2e265a6a1ea4d54_s
【先日あったこと】
友人から『親戚に”将来はゲーム業界に行きたい”って子がいるんだけど、話を聞いてみて欲しい』と頼まれ、友人が立会いの下で電話越しにその子と話をしてみることになりました。
当日は電話の向こうに、友人、親戚の子、その子の母親がいる状態でお話をする流れに。(続)
軽く挨拶をしたのち、その子からの質問に答えていくと、お母さんから次のような質問が。
『暴力的なゲームを遊ぶと、その人も暴力的になるっていうじゃないですか。そういうのを作ると、作る側も暴力的な性格になっちゃいそうで怖い』とのこと。何となくだけども、言いたいことはわかります。(続)
『その心配はわかります。確かにニュースで耳にする話かもしれませんけど、そういったものに明確な根拠はないですよ』ということを伝えつつ、そういうゲームばっかりじゃないです、ということも伝えていましたが、徐々にお母さんからの質問や意見が加速していきました。(続)
意見の中には
・ゲームの存在理由がわからない、生産性が無い
・この子には別の進路を目指してほしい(そのアドバイスをくれ)
等、何とかして自分の子供の進路を別方向に向けさせたいという意志を感じました。ゲーム会社に勤めている人間捕まえて、こういった話するのは凄いな、と思ったよ。(続)
友人も親戚の子の母親の発言が予想外だったみたいで驚いており、私に対しての謝罪がありました。(友人は全く悪くないです)
私自身も『こういう人って実際にいるんだなぁ』という感覚でした。
母親側からの謝罪は一切無かったので、なんか納得しましたね。(続)
『ちなみにあなたがこういったお仕事をされていることについて、ご家族はどう思っているんですか?』という訳の分からん質問が飛んできました。
うん?私がこの仕事をしていることに家族は関係ないのでは?
職業差別かな?ゲーム作ることは別に恥ずかしい仕事でも何でもないですよ。(続)
正直かなりカチンとくる意見や質問もあったので『質問や意見の内容が正直言って失礼であること』『子供の将来は本人と話し合うこと』『この仕事をしている人に対して、今後はこういった話をしない方がいいこと』を告げて友人に代わってもらいました。疲れた、凄く疲れました。(続)
今回学んだこと
・ゲームに対して否定的な人はいる
・仕事自体を否定するような人もいる(今回は極端な例)
・この手の人と会話しても何も生まれない(精神が摩耗するだけ)
あと、個人的な意見ですが。
お子さんは母親から離れられるチャンスあったらすぐに離れたほうがいいと思うわ、うん。(終了)
文字数の都合で書かなかったけど、
・ゲームに対して否定的な人はいる
  ↓↓↓
・ゲームに対して理解を示さない超否定的な人は必ずいる(相手の人格無視)
という文章です。
ここまで真っ向から直接的な意見言われたのは初めてです。
それはでは「そういう人もおるんですなー」程度の感覚でした。
ちなみに、質問してきてくれた子は凄く礼儀正しい子でしたよ。
知りたかったことを知ることが出来てすごく嬉しそうでしたよ。
今回の件で救いがあるとしたら、その事です。
ジワジワとバズってるけど、特に宣伝するものが無いので、身近に『将来はこんな仕事をしたい!』って若者、子供がいたら応援してあげてください、くらいしか言えることがないです。

無責任な応援とアドバイスだけはNG。
あ、私はまだ商品としてのゲームを作り上げたことが少ない人間ですが、エンタメ業界がもっともっと盛り上がれば良いな、と常に思ってるよ。

私ももっと頑張らねばならんねー。
この手の話が世間的には珍しく無いのは知ってますが、今話してる人が初対面で直接殴り掛かってくる人だとは流石に思わんよ。
@same_kawa_9 ゲームが生産性無いって……じゃあ、テレビとか映画とか音楽鑑賞も生産性無いって事になるわ
趣味は楽しむもの、それに生産性とか効率を考えたら楽しめなくなるわ
@loser_victory 本当にそうですね。
なんといいますか、今回お話しした親御さんはエンタメ業界自体に対して否定的な方でした。

仕事そのものを否定されたのもなんだかなぁ、と。
@same_kawa_9 そういう方は何にでも意義を見出そうとするので何を言っても理解されないですね。
息苦しい生き方をしてるんだなと思います。
少数の別世界の人と思って考えると良いですよ、大多数の人間はゲームを素直に楽しみますし、生産性なんて考えて生きていませんから
ゲーム制作頑張って下さいね、応援します
@loser_victory ありがとうございます!
励みになります!

そうですね、別世界の人なんだな、と考えて生きた方が良いですね。
そんな人たちも引きずり込めるようなエンタメ作りを目指して頑張りますね。
@same_kawa_9 @loser_victory FF外から失礼します。

いろいろな心や感情、思い出を生産する手助けになっていると思うんですがね。
@same_kawa_9 そのお母様のみているのがゲームのどれだけ浅いところか。
否定する理由探しをして生きている人は大変ですね。
恋愛ゲーム作ってたら開発者がモテモテならいいのに。
@yakyorenka そもそも理解拒否なんだろうな、と。
その理論だったら、RPG製作者は何度だって世界を救えますものね!
……世界、救いたかったなぁ(遠い目)
@same_kawa_9 わたしは30半ばのオッサンで小学生の頃から今でも据え置き機から携帯ゲーム機、スマホでゲームする社会人です

ゲームだって映画や音楽に負けない感動や、物語の豊かさや衝撃で『心の栄養』を育むモノだと思ってます

暴力的(GTA系)なゲームにしたって、暴力面が全て、では無いんですけどね…悲しみす
@hinoix 大人だってゲームしていいんですよ、ゲームだもの。と思ってます。
心の栄養があったおかげで人生変わった人もいるので、触れ方次第でもあるかと。
暴力的なゲームから社会のルール学ぶことだってありますからね。
人を使って子供を否定するタイプの母親っていやーよねぇ twitter.com/same_kawa_9/st…
自分の親もゲームに対して否定的な方だった。でも親もゲームをしたことはあってもガキの頃の自分のようにのめり込んではなかった。そんな親は否定的な意見を飲み込み、何でもいいから1番になれ、やるならそれくらい行け!と言ってくれた。今では趣味に落ち着いて定職着いたので結果オーライなのかも。 twitter.com/same_kawa_9/st…
おれがゲーム業界で働いてた頃も、父親からずっと否定的な意見を言われ続けたな。
父親の言う“真っ当な職業”であった自動車産業はバブル崩壊後のリストラの嵐で息してないので、親の敷いたレールなんて大してアテにならないと思った。 twitter.com/same_kawa_9/st…
今は上手く転職してWebサービス界隈で飯食ってるけど、ゲーム業界時代の経験が活きたからこそだと思ってる。
終身雇用なんて所詮は幻なので、職業云々の前に自力で生き残れる術を教えてあげるのが親の務めじゃないかな。
自分にも似たような経験がある。親に自衛隊に入りたいと言ったら、数日後、親戚の教師をしてる人をよばれて説教をくらった。「危ないから」「転勤があるよ」から始まり、最終的には「自衛隊に入るなら家族の縁を切る」とまで言われた。もちろん、子供を戦争に出したくないってのはわかるけど、 twitter.com/same_kawa_9/st…
このスレッドに出てくる母親は改めて凄いな、と思う。紹介してくれた友人に迷惑がかかる、ということには考えなかったのだろうか? twitter.com/same_kawa_9/st…
母になった今となっては、そのお母さんの必死さと子の将来への心配と責任感と、わかってしまうから心苦しく読んだ。謝罪とか相手の気持ちなど考えられないぐらい余裕なくなるんよね。自分が理解できないところへ子が行こうとすること。
子どもがゲーム業界に関わっている人と話させるだけマシ。 twitter.com/same_kawa_9/st…
子供の進路を心配しているお母さんかぁ。なるほどね。ぼくだったら「老後の面倒を見て欲しかったら『ゲームでもいいからおまえにお給金をたんまりくれる会社にしておくれ』って回答すればいいと思います」って答えます。この人が心配してるのは進路じゃないのまるわかりなので。 twitter.com/same_kawa_9/st…
ゲームを作るのも、歌手になるのも、スポーツ選手になるのも、料理人になるのも、自動車メーカーに勤めるのも、究極的には人を喜ばせて対価を頂く、という意味では同じ。自分が理解できない人の喜びを否定してはいかんな。 twitter.com/same_kawa_9/st…
なんかコメント書いていってくれると嬉しい(´・ω・`)
名前
コメント