kagu_rocking_chair_woman
《Tatiane Freitas》壊れたモノに新たな命を吹き込むブラジル人アーティスト。家具の壊れてしまった一部を透明のアクリルで補い原形を蘇らせる。日本の金槌や中世の羊皮紙の修繕のように彼女は家具の歴史を認めながら椅子の機能を回復しています。モダンさも感じられるアップデートした修復。 pic.twitter.com/Mitjhh4VcK
@BellissM これは欲しいアートだ。
@BellissM あえての?荒削りなところもカッコいい、、、
@BellissM 他のところと同じじゃなくて、角ばった結晶感と言いますか...がただ修繕するだけでは出てこない新たな世界観が生まれていてとても素敵です
@BellissM 陶器やガラスの金継ぎを思い出しました。
修復して、使い続ける技術は、どれも美しいものですね🙂
すごく古い家具だったら、作られた時代の人がこれを見たら、魔法使いが修復したように思うかもしれないな。ガラスでもない謎素材。  https://twitter.com/BellissM/status/1289213245207674887 
いいなぁセンス感じる。大事にしてきた物って壊れたって事も大きな思い出だもんな。 https://twitter.com/BellissM/status/1289213245207674887 
    • 1: いきぬき中の名無しさん 2020年08月02日 05:23 ID:GlxV1uKi0
      強度が無さそうだからインテリアかなぁ…

なんかコメント書いていってくれると嬉しい(´・ω・`)
名前
コメント