job_kome_nouka


    • 1: なるほどな名無しさん 2021年10月15日 08:40 ID:WC28UmWA0
      専門家でなくても卵が腐ってるかどうかは分かる

    • 2: なるほどな名無しさん 2021年10月15日 09:49 ID:6pIy1UvC0
      嘘松くせえ。
      米の等級を決めるのは農家でなく国が認める資格を持った検査員です。

    • 3: なるほどな名無しさん 2021年10月15日 09:59 ID:osMc1szg0
      いやいや、米農家を普通にやってりゃあ米の出来具合(等級)なんて見当はつくっての
      籾摺りの工程を経て玄米となった状態で明確に解るモンだ
      粒の大きさ、色(透明度、色合い)、表面の傷や割れの有無、籾殻や籾の混在率、乾燥の具合、とかね
      また収穫までの状況(気候、育成具合、病気の有無、稲刈り時期)とかも併せてみれば、玄米がそうなってる理由も見当が付くし
      そして同じ地域で作ってる米はどの田も同じ自然の影響下にあるワケだから、収穫時期が同じ米なら(刈り取り後の作業が大きく違わない限り)一様な等級の米になるのも、その地域の農家全体で共通した認識だから「自分だけが悪いのは納得いかない」「あそこだけ等級が高いのはえこひいきだ」なんて考える事も無い
      それがあるからこそ、米の等級判定に比べて見る人の主観が評価を左右してそうな芸術的審査ってモノが分かり難いって事だ
      (有名な芸術作品は高い技術をアレコレと駆使して創り上げられているのだろうってのは解るけど、一律「技術が高い=芸術性が高い」と評価されるワケでもないんだし、だったらその「芸術」的部分をどう客観的かつ具体的に納得できる形で説明してもらえなければ、結局のところ「有名な作品なんだろうけど自分には解らん」って事になってしまうでしょ

    • 4: なるほどな名無しさん 2021年10月15日 10:02 ID:osMc1szg0
      ※2
      はい、その通りです
      ただ米を作る側としても出来具合からおおよその等級は見当が付けられるよ、って事でひとつよろしく

    • 5: いきぬき中の名無しさん 2021年10月15日 13:24 ID:jXzWNha.0
      つまり美術品も専門家をして見当がつく程度のものでしかないってことか。

なんかコメント書いていってくれると嬉しい(´・ω・`)
名前
コメント