buranko_girl_sad
460: 1/2 2013/12/03(火) 20:42:50.42 ID:JuGqYlBq
ぶった切りまして、失礼します。
改行大杉らしいので2レスですみません。
私が5歳の時。当時はファイブマンという戦隊ものが大好きで、寝ても覚めてもファイブマンファイブマン言ってた頃の事です。
私には姉と弟が居るんですが、よく兄弟喧嘩をしていました。
特に姉は強大な存在として君臨しており、口も上手く頭の回転も早かった為、喧嘩をしては負ける毎日。
いつか…いつか!ヒーローが助けてくれるはず!と根拠のない自信を持っていた。
ある日、あまりにも姉が怖いので父にどうしたらいいかを相談した所、

父:ファイブマン玄関から呼んだら来るで。

これだ、これしかない。
早速、私は玄関からファイブマンを呼びました。

461: 2/2 2013/12/03(火) 20:44:39.94 ID:JuGqYlBq
私:ファイブまーん!ファイブまあああああん!!!
父:(本当に呼んでる…まあそのうち飽きるだろ。)
私:ふぁいぶまああああああああああん!!!!

小一時間程休憩を挟みつつ呼び続けました。
ヒーローなのだから、姉という強者に悩む弱者の元に来てくれるに違いない。
大人の父が呼んだら来ると言っていたのだから間違いない!と。
しかし一向に来る気配がない。
何故だろう、声が小さすぎるのか?必死な気持ちが足りないのか?より叫ぶしかない!
そんな気持ちでシャウトし続け、何回目かの休憩で玄関の叩きに座り込みしょげていると
父が穏やかな顔をしながら私の隣に座りました。

父:ファイブマン来ないね。
私:がんばってよんでるからくる。おとうさんもくるっていった。
父:そうだな、でもお父さんお前に伝え忘れた事がある。
私:なに?
父:今日な、日曜だろ。お父さんの休みの日。
私:うん。
父:ファイブマンもな、日曜休みなんだよ。
私:!!!?!!!
父:ヒーローも大変なんだ。休ませてやろうな。

当時の私は、ヒーローも日曜休みなんだ!!!と、大変衝撃を覚えました。
後日全てが父の嘘だったと知り大変ファビョりました。
そんな私はいつぞやのウサ子を犬に食われた者(→記事link)です。



なんかコメント書いていってくれると嬉しい(´・ω・`)
名前
コメント